2012年10月アーカイブ

オーバーステイとは、「Over Stay(超過滞在)」、つまり、在留期間が切れた後もそのまま不法滞在している状態のことを言います。

オーバーステイ状態の外国人は、入管法で規定されている「退去強制」の対象となりますので、可及的速やかに在留特別許可を申請することをお勧めします。ただし、必ずしも在留特別許可が下りるとは限らないということにはご留意ください。

オーバーステイの外国人に対する在留特別許可(日本)の詳細については、中国国際結婚手続きオーバーステイの外国人に対する在留特別許可(日本)をご覧ください。

結婚手続きを日本で先に行った場合

国際交流、留学、仕事等で日本に来ている中国人と結婚手続きを日本にて先に行った場合、日本人配偶者の独身証明書(正式名称:婚姻要件具備証明書)が発行されなくなりますが、在日本中国大使館領事部にて結婚公証書を発行することができるため、中国側の結婚手続きが面倒になることはありません。

ただ、中国人が日本に来て結婚手続きを行うのは国際的な事情によって比較的困難であることから、ねむししでは可能な限りまず日本人が訪中して結婚手続きを行うことをお勧めしています。

結婚手続きを日本で先に行う方法の詳細については、中国国際結婚手続き結婚手続きを日本で先に行った場合をご覧ください。

現在、反日感情の高まりを受け、中国Z(就労)ビザの初回申請の許可が下りないそうです。

外国人労働者にとって、Z(就労)ビザは中国で働く上で最低限必要なものであり、これが下りないことには何も始まりません。

こういった政治リスクは、日系企業の対中投資を鈍らせる大きな要素となるでしょう。