反日デモを見て聞いて分かったこと

見て聞いて分かりましたが、反日デモに参加していたのは低所得層の人ばかり。

デモ隊の周りの大部分の人はただのやじ馬で、「あ~、国旗を焼いたね~」といった傍観者的発言が印象に残りました。

民衆の生活苦等による反政府感情のガス抜きのため、 これまでは官製デモ的に反日デモを容認してきた当局ですが、 今後は厳しく規制する方向に転じると思います。

というのも、なんだかんだ言って日本は経済面で重要なパートナーのため、 9月末の中日国交回復40周年は穏便に迎えたいところ。 

10月には政権交代も控えているので、政府の威権を示した上で安定的に 迎える必要があるでしょう。

また、反政府デモに発展する恐れもあるため、ほどほどに抑えておく必要があるというのもあります。

関連記事