2012年9月アーカイブ

2012年中国祝日-国慶節

中国の国慶節は、中華人民共和国の建国記念日であり、国慶節は「十一」とも呼ばれ、中国では陽暦10月1日から7日間の大型連休を過ごします。

国慶節の連休には万里の長城や故宮(紫禁城)などの観光名所はすごい人の数なので、国慶節の連休に北京の有名な観光地に行くのを避けるのが懸命です。

2012年の国慶節連休は中秋節と連続しているため、連結して8連休の大型休暇となっています。

私がまとめた2012年中国祝日情報によれば、国務院が発表した中国国慶節&中秋節の休日と振替出勤のスケジュールは次の通りです。

祝日: 2012年9月30日(日)~10月7日(日) 8日連休
振替出勤日: 2012年9月29日(土)

国慶節&中秋節の祝日連休期間又はその前後に中国に旅行などされる方は、上記日程を考慮に入れてスケジュールを決定することをお勧めします。

2012年中国祝日-中秋節

中国の中秋節は、月を愛でる日として古くから祝われています。

中秋節に贈答品として出回る月餅は黒ゴマ、五仁、つぶあん、胡桃(クルミ)など、いろいろな味が楽しめます。中国を代表する食品だからか、中国政府が月餅の合格率を発表しています。

昨今は社交辞令としての豪華な月餅の贈答が高額化するなど、中秋節の月餅は一種の社会問題となっており、月餅税を課す動きもあるとか。

2012年の中秋節は国慶節の長期連休と連続しているため、連結して8連休の大型休暇となっています。

私がまとめた2012年中国祝日情報によれば、国務院が発表した中国中秋節&国慶節の休日と振替出勤のスケジュールは次の通りです。

祝日: 2012年9月30日(日)~10月7日(日) 8日連休
振替出勤日: 2012年9月29日(土)

中秋節&国慶節の祝日連休期間又はその前後に中国に旅行などされる方は、上記日程を考慮に入れてスケジュールを決定することをお勧めします。

反日デモを見て聞いて分かったこと

見て聞いて分かりましたが、反日デモに参加していたのは低所得層の人ばかり。

デモ隊の周りの大部分の人はただのやじ馬で、「あ~、国旗を焼いたね~」といった傍観者的発言が印象に残りました。

民衆の生活苦等による反政府感情のガス抜きのため、 これまでは官製デモ的に反日デモを容認してきた当局ですが、 今後は厳しく規制する方向に転じると思います。

というのも、なんだかんだ言って日本は経済面で重要なパートナーのため、 9月末の中日国交回復40周年は穏便に迎えたいところ。 

10月には政権交代も控えているので、政府の威権を示した上で安定的に 迎える必要があるでしょう。

また、反政府デモに発展する恐れもあるため、ほどほどに抑えておく必要があるというのもあります。

北京の日本大使館前で反日デモ

2012年9月15日、北京にある日本大使館の前で大規模の反日デモが行われました。

このため、日本大使館の周囲は警察によって交通規制が敷かれており、車で通れない状態です。

複数のチームに分かれて行進し、日本の国旗を燃やすなどのパフォーマンスで拍手・喝采が上がっていましたが、警察は黙認状態で、無差別な暴動に発展しないよう見守っていました。

また、武装警察も数台の大型バスに満載で駆けつけ、有事に備えていました。

IMG_0028.jpg

IMG_0019.jpg

IMG_0020.jpg