北京日本人学校入学問題まとめ

中国国際結婚手続き-ねむししのHERO@北京です。

北京日本人学校の入学問題につき、簡単にまとめておきたいと思います。

  • 事実上「中国人扱い」となる親族訪問のLビザを持つ児童の入学を禁止する旨の通知は、中国の教育部と外交部が連名で北京日本人学校に送りつけてきている。
  • 北京日本人学校としては中国政府の顔色を伺いながら入学者の範囲を拡大してきたが、最近は親族訪問のLビザを持つ児童の入学がかなり増えたほか、問題も起こっていることから、中国当局から管理をしっかり行うよう警告を受けている。
  • 北京日本人学校への入学が禁止されている児童の場合は、北京日本人学校が中国の教育部にお伺いを立て、在職証明書などを提出した上で、許可が出たら入学を認める。

北京日本人学校入学の証言によれば、親族訪問のLビザであれば例外なく入学不可というわけではないし、中国の教育部も「話せば分かる」という感じで、目の敵にしているわけではないようです。

今後も引き続き北京日本人学校に関する最新情報を追っていきたいと思います。

関連記事