外国人登録&国民健康保険&出産助成金(日本)

中国国際結婚手続き-ねむししのHERO@北京です。

日本に在留する外国人は、日本に在留することとなった日から一定の期間内に、居住している市区町村に身分事項や居住地等を届け出、外国人登録を行う義務があり、当然のことながら、日本人と国際結婚して日本に居住する中国人も外国人登録を行う必要があります。

中国人の在留可能期間が1年以上ある場合、国民健康保険に加入することができます。外国人登録証明書を申請した当日に同時に申請可能。

外国人配偶者が無職で収入が無いという条件であれば、年間12500円で日本人と同等の医療保険待遇を享受することができます。

海外で支払った医療費も、海外療養費として申請して清算することが可能。中国であれば、国が負担する7割分はほぼ返ってきます。

また、国民健康保険に加入していれば、出産助成金も支給されます。出産は費用がかさみますから、もらいそこねないように気をつけましょう。

詳細については、中国国際結婚手続き外国人登録&国民健康保険&出産助成金(日本)をご覧ください。

関連記事