海外療養費の申請で再び区役所へ

中国国際結婚手続き-ねむししのHERO@北京です。

海外療養費の申請をするために区役所に行き、診断・治療期間と領収書の日付の間隔の問題で再度区役所に出向いたのですが、またしても問題が発生しました。

診療・治療期間に中国にいたことを証明する入国スタンプがパスポートに押されていないので、海外療養費の申請を受け付けられないというのです。それならそうと、最初に申請した時点で言って欲しかったですw

あれでも、なんで・・・と思い、パスポートを調べてみると、確かにありません。というか、それもそのはず、その入国スタンプは旧パスポートに押されていたのです。

旧パスポートは中国の自宅にあるので、仕方なく中国に戻った後にコピーして郵送ということになりました。

海外療養費の申請は簡単ではありませんね。まぁ、区役所や担当者によって違ってくるのでしょうけど。

関連記事