2010年6月アーカイブ

中国国際結婚手続き-ねむししのHERO@北京です。

第22回参議院議員通常選挙「在外選挙」のお知らせが在中国日本国大使館から来ました。

******************************************************************

第22回参議院通常選挙「在外選挙」のご案内

1.選挙日程(予定)

● 第22回参議院議員通常選挙は、次のとおり実施される予定です。

 ○ 公   示   日(予定):平成22年6月24日(木)

 ○ 在外選挙の開始日(予定):平成22年6月25日(金)

 ○ 日本国内の投票日(予定):平成22年7月11日(日)

2.投票方法 

● 在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証をお持ちの方は、(1)「在外公館投票」、(2)「郵便等投票」、(3)「日本国内における投票」のうち、いずれかの方法により投票することができます。

● 今回実施される参議院議員通常選挙では、比例代表選出議員選挙に加えて選挙区選出議員選挙にも投票することができます。

● 詳細は在中国日本国大使館までお問い合わせいただくか、次のホームページをご覧ください。

・ 在中国日本国大使館ホームページ・アドレス

 http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/senkyo_j.htm

・ 総務省ホームぺージ・アドレス

  http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/senkyo/index.html

(1)「在外公館投票」

 在外公館投票を実施する日本大使館・総領事館及び出張駐在官事務所(以下「在外公館」という。)であれば、どこの在外公館でも投票できます。

 なお、在外公館投票をすることができる在外公館につきましては、当館までお問い合わせいただくか、外務省のホームページでご確認ください。

【投票記載場所】

 「在中国日本国大使館領事部事務所内多目的ホール」

  住所:北京市朝陽区東三環北路2号南銀大厦2階

【投票期間】(予定)

  平成22年6月25日(金)~7月5日(月)(期間中土・日を含む毎日受付)

【投票時間】

   午前9時30分から午後5時00分までです。

【持参書類】

 「在外選挙人証」及び「旅券等の身分証明書(注)」

  (注)これらは原本でなければならず、コピーは不可。旅券が提示できない場合は、日本国又は居住国の政府や地方公共団体が交付した顔写真付きの身分証明書(例:運転免許証、外国人就業証等)でも差し支えありません。

(2)「郵便等投票」

 登録先の市区町村選挙管理委員会宛に、投票用紙等の交付請求を国際郵便(EMS等)で直接行い、入手後に同用紙等に記入の上、再び登録先の市区町村選挙管理委員会へ直接郵送する方法です。

【投票用紙等の請求】

 あらかじめ登録先の市区町村の選挙管理委員会に「在外選挙人証」と「投票用紙等請求書」(在外選挙人証が交付される際に添付されている「在外投票の手引き」の中にある書式(コピー可、総務省ホームページ等からも入手できます。))を郵送(EMS等)して、投票用紙等を直接請求してください。

 投票用紙等請求書への記入に当たっては、投票を希望される選挙の種類を○印で囲み、「署名」欄には在外選挙人名簿登録申請の際に記入した署名と同様の署名を必ず本人が自署してください。

※ 投票用紙等の請求は、日本国内の投票日の4日前まではいつでも請求することが出来ますので、郵送日数を考慮して早めに請求してください。

※ 在外公館では、郵便等投票用の投票用紙等の請求は受け付けておりませんので、ご注意ください。

【投票用紙等の交付】

 投票用紙等の請求を受けた登録先の市区町村選挙管理委員会は、投票用紙等を請求者に対し直接郵送して交付します。(在外選挙人証も一緒に返送されます。)

【投票用紙等の送付】

 投票用紙等の交付を受けた後、選挙の公示日の翌日(6月25日予定)以降、同用紙等に記入の上、日本国内の投票日(7月11日予定)の午後8時までに投票所に到達するよう、登録先の市区町村選挙管理委員会宛に直接郵送(EMS等)してください。

● 投票用紙の記入と送付の手順

(ア)登録先の市区町村選挙管理委員会から投票用紙等が届きましたら(在外選挙人証も一緒に返送されます。)、選挙の公示日の翌日以降に、選挙区選出議員選挙についてはクリーム色の投票用紙に候補者氏名を一つ記入し、比例代表選出議員選挙については白色の投票用紙に候補者の氏名又は政党等の名称(略称)を一つ記入します。

(イ)記載済みの投票用紙をそれぞれ同じ色の内封筒に封入します。

(ウ)外封筒に、投票記入年月日、投票記載場所(国名)、投票者の氏名、署名、在外選挙人証の交付番号を記入します。署名は必ず本人が行い、在外選挙人名簿登録申請書に記入したものと同様の署名をしてください。

(エ)内封筒を外封筒に封入し、更に送付用封筒に入れて封をして、登録先の市区町村選挙管理委員会宛に直接郵送(EMS等)してください。

(3)「日本国内における投票」

 選挙の時に一時帰国した場合や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(転入届提出後3ヶ月間)は、在外選挙人証を提示して国内の投票方法(次の(1)から(3)までの何れか)を利用して投票することができます。日本国内における投票の詳細については、登録先の市区町村の選挙管理委員会に直接お問い合わせください。

【公示の日の翌日から国内投票日の前日までの間】

(ア)期日前投票

 在外選挙人名簿登録地の市区町村選挙管理委員会が指定した期日前投票所における投票。

(イ)不在者投票

 在外選挙人名簿登録地以外の市区町村における投票。ただし、事前に在外選挙人名簿登録地の選挙管理委員会に対し投票用紙等を請求し交付を受けておく必要があります。

【日本国内の投票日当日】

(ウ)投票所における投票

 在外選挙人名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会が指定した投票所における投票。

******************************************************************

以上、在中国日本国大使館のメールからの抜粋でした。

端午節連休期間中の休館のお知らせ

中国国際結婚手続き-ねむししのHERO@北京です。

端午節連休期間中の休館のお知らせが在中国日本国大使館から来ました。

******************************************************************

午節連休期間中の休館のお知らせ

(10.06.10)

1.中国は、6月14日(月)から6月16日(水)まで、端午節の休日となります。このため、当館領事部は、6月12日(土)から6月16日(水)まで休館いたします。

2.上記休館中は、パスポートの申請・交付、各種証明等の手続きや、日本渡航のためのビザの申請・発給はできません。また、パスポートの紛失・盗難によるパスポートの再発給や「帰国のための渡航書」の発給、及び、それら渡航文書による中国出国には、最寄りの派出所や公安局担当部門での諸手続が必要ですが、中国側関係政府機関も6月14日(月)から6月16日(水)までは休日ですので、パスポートの紛失や盗難には特にご注意ください。

3.万一、事件や事故に遭ってしまった場合や緊急事態が発生した場合には、当館領事部は24時間体制で対応いたしますので、大使館領事部緊急連絡電話(010-6410-6970、6971)までご連絡ください。

(ご参考)

パスポートをなくしたら?

http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/passflow_j.htm

在中国日本国大使館領事情報

http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j.htm

(生活・安全情報、パスポート、ビザ申請等の諸手続について掲載しています。)

******************************************************************

以上、在中国日本国大使館のメールからの抜粋でした。

中国国際結婚手続き-ねむししのHERO@北京です。

サッカーワールドカップ南アフリカ大会開催に関連した知らせが在中国日本国大使館から来ました。

******************************************************************

「第19回サッカーワールドカップ南アフリカ大会」開催に関連したご注意(10.06.01)

2010年6月11日から7月11日までの間、「第19回サッカーワールドカップ南アフリカ大会」が開催されます。大会には32チームが出場し、合計64試合が開催され、日本代表チームも出場します。

在留邦人の皆様においては、サッカーワールドカップの開催にあたって、ご自宅やスポーツバーなど思い思いの場所に集まり、テレビを見ながら声援を送ることを計画されている方もいらっしゃると思いますが、その際、トラブルに巻き込まれないように下記のいくつかの点を心に留めていただきながら、応援を楽しんでください。

1.応援マナー

ここは日本ではなく外国にいることを忘れずに、スポーツ観戦のマナーを守って応援しましょう。

2.迷惑防止

試合時間は時差の関係で連日深夜に及びます。熱い声援も時と場合によっては周囲への迷惑行為と取られる恐れがあることをお忘れなく。

3.トラブルを避ける

(1)サッカー賭博

サッカー賭博は中国国内法で禁止されています。ワールドカップ期間中は、勝敗の予測をする形式などでの賭博への参加を誘いかけられることがあるかもしれませんが、そのような行為には絶対に参加しないでください。純粋な声援を送りましょう。

(2)暴力行為

勝利するチームもあれば敗退するチームもあります。日本代表チームの勝利を願うあまり、他国チームサポーターを罵ったり、挑発したりすることは、応援マナーに反しますし、場合によっては乱闘などのトラブルの元になりますので、フェアーで楽しい観戦を心がけましょう。

なお、万一、トラブルに巻き込まれた場合や不測の事態が生じた場合は、直ちに公安局に110番通報をするとともに当館領事部邦人保護班(電話:010-6410-6970)までご一報をお願いします。

******************************************************************

以上、在中国日本国大使館のメールからの抜粋でした。

売買春行為に関する取締強化

中国国際結婚手続き-ねむししのHERO@北京です。

売買春行為に関する取締強化についてのお知らせが在中国日本国大使館から来ました。

******************************************************************

売買春行為に関する取締強化について

(09.05.19)

現地紙報道等によれば、本年4月11日以来、北京市公安局による売買春行為の取り締まり強化に伴い、400余りのナイトクラブ、サウナ、ヘアサロン、マッサージ店等が一斉捜査の対象となり、5月11日には北京市内の4軒のナイトクラブが摘発され、557人のホステスが取り調べられたということです。

中国においては、売買春行為(性的サービスを伴うマッサージ等を含む。)は違法であり、「治安管理処罰法」の適用を受けます。同法によれば、10日以上15日以下の拘留に加え、5,000元以下の罰金に処せられる可能性があるほか、場合によっては国外退去となり、その後一定の期間入国禁止となる場合もあります。

特に、上海万博開催期間中は、各種犯罪行為等の取り締まりが強化されることが予想されますので、中国に渡航・滞在される皆様におかれましては、このような売買春行為に関わることないよう、同国の法令を遵守し、違法行為は厳に慎むようにしてください。

******************************************************************

以上、在中国日本国大使館のメールからの抜粋でした。